ドバイ 中東の産油国 富裕層が多く 競馬場やラクダレース、ショッピングセンターなどが名物。『世界で最も美しいインド人の町』といわれるほどインド人が多い。

FrontPage

ドバイとは

  • 中東地域のほぼ中央、アラビア半島東部、ペルシャ湾の入り口近くに位置する連邦国家。
  • アラブ首長国連邦(UAE)を構成する首長国のひとつ。
    面積はアラブ首長国連邦の構成7首長国中第2位にあたる約3,885km、これは日本の埼玉県とほぼ同じ大きさである。北側にシャルジャ首長国、南側でアブダビ首長国に、東側で国境を隔ててオマーン国に接している。
  • 住民の90%が外国人、内約60%を、インド人を主とする南アジアからの出稼ぎ労働者が占めている。『世界で最も美しいインド人の町』と言われるほどにインド人が多い。

ドバイへと日本との交通

  • 日本からドバイへのアクセス方法としては、エミレーツ航空が直行便を運行している。
    現在、ドバイ国際空港(DXB)から関西国際空港(KIX)および中部国際空港(NGO)へそれぞれ1日1便直行便を日本航空とのコードシェアにより運行している。
  • 搭乗率が平均70%を超える理由は往復の機内でもラグジュアリー気分を堪能できる演出があり、移動にもこだわる富裕層に人気がある。

ドバイの7星のホテル

  • マディナ・ジュメイラの他、近くにはドバイのPR写真には必ず出てくる七つ星ホテルバージュ・アル・アラブや、ジュメイラ ビーチホテルがある。
  • ジュメイラビーチ沿いに建つ、ヨットの帆型をした超豪華ホテル。ホテルとしては世界一の高さ321m。ドバイで最も有名な建物のひとつです。
  • アル・カスルのバルコニーやビーチから見るバージュ・アル・アラブは見応えがあり、背後のアラビア湾の青さと相まって非常に美しく、夜はまたライトアップされた別の顔が楽しめる。

ドバイでショッピング

  • ショッピングで高級品を購入したい人は、10ヶ所近くある巨大ショッピングモールへ。
  • 安く面白いものやドバイの町を楽しみたければ、デイラ地区にあるゴールドスーク、スパイススーク、テキスタイルスークへ。
    ここでは金、香辛料、布(ストール等)が格安で手に入る。
  • ストールや敷物については、隣のシャルジャ首長国で購入した方が、上質でさらにリーズナブルな価格である。

ショッピングモールの紹介

  • イブン・バトゥータ・モール(IBN BATTUTA MALL)
    • ドバイの西部にある大きなショッピングモール。
      中国館、インド館、エジプト館、アンダルシア館、ペルシャ館、チュニジア館と6つの館に分かれている。
    • ショッピングよりもテーマパーク的な雰囲気、館内を楽しむのに向いている。
  • ワフィ・ショッピング・モール(WAFI SHOPPING MALL) 
    • ピラミッドを思わせるデザインが所々に見られる「ワフィ・シティ」の中にあるショッピングモール
    • 一度このモールへ来た時は雰囲気は良いが、お客もまばらで、ゆったりと買い物できる。
  • バール・ジュマン・センター(BUR JUMAN CENTRE) 
  • バール・ドバイ地区にあるショッピング モール
    • ここの売りはシャネルルイ・ヴィトンなど、高級ブランドがずらりと並んでいるところで、現在のドバイのモールの中では一番高級ブランドが揃っているようだ
  • ショッピングセンターは他にもあります。またドバイはまだまだたくさんの高層ビルやリゾートエリアを開発しているので、今後さらに大型ショッピング モールなども増えそう。

ドバイの治安と言葉

  • 言葉はアラビア語、官公庁の公文書もアラビア語である。
  • 英語、ウルドゥー語(インド人)、ペルシア語(イラン人)なども人種も多く、会話に用いられる。
  • 治安は比較的良く、昼・夜を問わず外出しても大丈夫です。
  • スリ・置引きなどの軽犯罪は数多く報告されています。また、ナンパも多く見られるので、いくら治安が良くても、安心せず、もの周り品などには十分気をつけましょう。

ドバイに行く前の準備

■■■ ドバイに行く前に通販カタログで事前準備する ■■■

powered by Quick Homepage Maker 4.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional